未分類

未分類

大規模な転職エージェントに限って、多数の案件を扱って・・

大きな転職エージェントに限って、潤沢な案件があるという強みがあるといえますが、それと同時に競合する転職希望者もたくさんいる可能性が高いです。そのせいか気になる企業を見つけたとしても、転職エージェントのスタッフ側が不可能だと判断すると応募してもらえないこともよくありますし、会社から見て自分よりも評価の高いライバルがいると、そのライバルを優先することもあります。
未分類

新卒採用で入社した会社を辞め、思い切って転職を決意しました。

新卒として入った会社を辞めて、一歩踏み出して転職をしました。当初は1人で悩み、不安な気持ちになりました。ですが、会社を数年で辞めて、中途採用で働いている人が大多数だと自身が転職活動をしたことで分かり、無意識のうちに不安な気持ちが消え、楽になりました。また転職をしたことでなにか体が軽くなり、自分の好きな仕事を再確認できて毎日が充実したものになりました。
未分類

転職を考えるとき、転職後の自身の給与を過剰に気にする…

転職というものをする場合、そこでの給料ばかりに気を取られる人がとても少数派でもないでしょう。もちろん大半の方は、仕事というのは収入を得るため、行うものです。ですから生活費を手に入れるために働くはず。とうぜん年収というのは自身の価値を測る指標という面もありますから大切と感じるのは当然ではあります。
未分類

たいていの場合は大手企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めます。ですから・・

一般的に一流企業は「定期採用」がメインなので、転職希望者には向いていません。また、都市近郊部~地方となるとその機会はとても少なくなりそうです。しかし製造業系においては、都市部でない地方の工業団地等に製造工場を置いている可能性が高いです。また、その地方工場では事業を拡大する時に「中途採用」を行っているので、このタイミングを捉えるのです。
未分類

自分のスキルが有利にはたらくように転職をするつもりなら・・

自分のスキルや資格を活用しながら再就職を検討する場合は、転職しやすい業界と、比較的、再就職が難しい業種がある事を認識しておきましょう。転職がむずかしくないジャンルは、慢性的な人手不足に陥ってる「医療・介護」が、代表例といえます。医療や介護では、看護師、介護士の資格保有者でなければ働くことができないので、資格を持っている人たちにとってはとても転職しやすい業界です。
未分類

女性が転職する場合、一昔前とここ最近とでは若干の変化があります。

女性が転職するに当たって、セクハラが社会的に問題になる前と今日とでは若干の変化があるようです。以前は会社側から結婚と出産についての考え方についてごく一般的なこととして女性たちへ質問していました。でも、今現在の流れとしては、結婚や出産などについては、セクハラと捉えられるのを恐れて、質問を避ける企業、が増加傾向にあります。
未分類

再就職の際に必ず受けることになる面接では、中小企業だっ…

転職時の採用面接では、中小企業であれば、概ねその社内の「人事」担当者が面接官ですが、それ以外の場合もあるようです。例を挙げるとしたら、今後一緒に仕事をする責任者、簡単に言えば部長や課長クラスが担当することもあります。また事務系・営業系に再就職する場合は資格での見極めが難しいので、しっかり自分という人物を売り込んでいくことがとても大事です。
未分類

働くのに派遣会社に登録する人が近頃増える傾向にあります。

"派遣会社に登録して働いている人が近頃は増加しています。 仕事をするために派遣会社に登録する人が近頃増えています。今後、自分が派遣社員として働くつもりなら、派遣先から支払われる時給がいくらで、どのくらいの額(割合)、自分に入ってくるかを面...
未分類

転職した際には、高い確率で以前の仕事での多くの出来事は美化されます。

職を変えると、高い確率で以前の会社の仕事での美化されます。本来は現在の職に合意できない点があるから、それを払拭するためにどうにか転職を決意したはずなのに、時間の経過とともになぜかわからないけれど転職した会社よりも「前職のほうが良かったかも」と思ってくるのです。
未分類

再就職の前に、今の職場の同僚たちが、あなたが退職すると知ってしまうと…

転職前、今の会社の人たちがそのことを知ってしまうと、職場の雰囲気が一変するかもしれません。あなたの置かれている立場によっては、これまで通りに行くこともありますが、意地悪や、やっかまれたりも想定しておいたほうが賢明です。それだけでなく、残業を押し付けられたりすることもあるので、軽率に「転職します」と周囲に伝えるのは注意が必要です。
タイトルとURLをコピーしました