未分類

未分類

転職後は、高確率で前の会社の仕事の記憶は美化されます。

仕事を変えた場合には、高確率でそれまでの会社の仕事の出来事は美化されます。現在の職務に問題があるから、それを解消するためにせっかく退職を決め、再就職すことになったのに、気が付けばどういうわけか「前の仕事のほうが良いのでは?」と思うことが増えてきます。それというのも至って当然のことで、前の職では仕事を把握していて、すんなりと毎日仕事がたやすくできていたのが、一番の理由にあるでしょう。
未分類

もし転職することが、現在の会社の人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると・・

もし再就職の前に、今働いている会社の同僚たちがあなたの転職を知ってしまうと、職場の状況が大きく変わるおそれがあります。働く環境によってこれまで通りに行くこともありますが、意地悪されるかもしれないと想定しておいたほうが賢明です。それだけでなく、残業時間を増やされることもあるので、転職を口に出すのは注意が必要です。
未分類

求人誌をチェックする際、例えば、「デスクワークがしたい」という人…

求人に関する情報をチェックする折、「オフィス系の仕事をしたい」と思う人ほど、製造業をスルーしてしまっています。そのような人のほとんどは「製造業は現場で製造する仕事しかない」と間違って理解しているケースもあります。製造業での求人でも、経理、総務などのスタッフ募集をはじめ、購買、営業管理といった「オフィス系」に分類される仕事も相当数あります。
未分類

転職エージェントは大手であるほど、いろんな案件を扱ってい…

大手の「就職エージェント」ほど、潤沢な案件を持っているといえますが、その反面、競合する転職希望者も多いです。それゆえにあなたが、気になる案件を探し出したとしても、あなたの担当者が見込みが少ないと判断すれば応募してくれないこともありますし、企業から見て自分より高く評価されるライバルがいれば、そのライバルを優先したりもするのです。
未分類

新卒で入社した会社を辞めて、一歩踏み出して転職をしました。

新卒採用で入った会社にお別れをして、転職した経験があります。実際に転職する前後は、しばらく不安で辛い時期もありました。でも、社会人となって数年あとに仕事を辞め、大半の人が転職を経験していることを私自身が転職することで理解し、自然と以前よりも安心することが出来ました。
未分類

転職について考えた場合、転職後の自分の年収について気にする・・

転職しようと考えたとき、転職したあとの自分の年収について気にする人がどうも多いものです。とうぜん誰しもだから生活費を給与として手に入れるために仕事をしているのはずです。年収がどれだけかは自分自身がどれほど評価してもらえているか、という面もありますからとうぜん大切なのは無理もありません。
未分類

たいてい一流企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めるため…

たいていの場合は一流企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどです。ですから、転職希望で入りたい場合は、時期を考慮しておく必要があります。さらに、都会の外だとその確率はさらに狭まります。けれども製造業に関連する企業に関して言うと、地方の工業団地の近所に製造工場を置いていることもよくあります。
未分類

あなたが持つ現在のスキルや資格を有効活用しつつ、転職活…

今の自分のスキルを活用しながら転職する場合、転職し易い業界と難しいものとを大まかに知っておきましょう。転職が容易な業界としては、たえず人手不足に陥ってる「医療・介護」系が最たる例です。医療や介護では、看護師や介護士の「資格」が必須であるため、ハードルの高いジャンルといえます。
未分類

女性が転職するに当たり、数年前と現在とは少なからず、違ってきている点があります。

女性の再就職については、セクハラが社会的に問題になる前と今現在とでは多少の違いがあったりします。前までは、結婚の予定や結婚後の仕事など、ごく当たり前に質問されることが珍しくありませんでした。ところが、今ではそういった内容はセクハラに該当するとして聞かない会社、の方が増加傾向にあります。
未分類

転職の際の面接は、中小企業だったらほとんど、その社内の「人事」担当が面接官になりますが・・

再就職時の採用面接では、零細企業クラスの場合概ねそこの会社の「人事」担当者が面接官ですが、その他にも実際に今後一緒に仕事をする現場の一番偉い人、要は管理職である課長や部長が面接の場に居合わせる可能性もあるのです。とりわけ事務・営業といった部署に転職するのなら、資格での人の良し悪しを判断しづらいですから、堂々と自分をアピールしていくようにするべきです。
タイトルとURLをコピーしました